成行注文の使い方・メリット・デメリット・注意点

こんにちは、げるねこです。

FXには様々な注文方法があります。
しかし、注文方法は基本的に3つしかありません。

成行・指値・逆指値の3つです。

トレール注文
IFD (イフダン) 注文
OCO (オーシーオー) 注文
IFO (アイエフオー) 注文

など、細かな注文方法はこの3つの注文方法を組み合わせただけに過ぎません。

そこで、今回は基本である3つの注文方法の内の1つ、
成行注文の使い方、メリット、デメリット、注意点を紹介します。

成行注文とは「今すぐ売買したい」時に使う注文方法

FXの注文方法で最もシンプルな注文方法です。
レートを指定せず、自分の好きなタイミングで注文できる方法です。

成行注文のメリット・デメリット

メリット

注文とほぼ同時に約定する

成行注文の特徴であり、メリットです。

提示されているレートを自分の目で見て、確認した後に売買のボタンを押すことで瞬時に取引が始まります。

ボタン1つで売り・買い・決済ができるので操作手順が少なく、発注までのスピードが早いです。

これによって変化する相場の波に乗ることが可能です。
価格が急変動した時に決済しなければ損する場合、相場が動き出した瞬間に売買する場合など、急いで注文しなければならない状況で利用すると非常に便利です。

デメリット

慌てて注文すると売りと買いを間違えやすい

売買のボタン1つで注文できて、即約定するので売りと買いを間違えると損失につながります。シンプルな注文方法ゆえに、間違え方もシンプルです。

相場に動きが出てきたからと言って、慌てずに一呼吸して売買のボタンを押しましょう。

スリッページが起こるので、不利な価格で約定する恐れがある

成行注文ではスリッページによって、提示されているレートから少しずれて約定します。

そのため、実際に約定するまでいくらで取引が成立したのか分かりません。
通常時はスリッページが発生しても、1秒以内に約定するのでほとんど損はしません。
また、大きくずれてもせいぜい1~2銭程度です。

ただし、スキャルピングのように1度に何万単位で通貨を扱う場合は、わずかなスリッページでも大損する可能性はあります。

1度に10万通貨を取引する場合、価格が不利な方向に1銭(0.01円)ずれると1000円の損失です。これを10回20回と繰り返していけば、スリッページだけで何万円も損することになります。

成行注文の注意点

デメリットで書いた通り、スリッページあるので勝てる見込みがない限り成行注文でエントリーしないほうが良いでしょう。

反対に暴落時や高騰時など、急いで決済しなければ損する状況では、スリッページ分の損は我慢して成行で決済しましょう。

DMMFX
DMMFXの口座開設はこちら
GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする