逆指値注文の使い方・メリット・デメリット

こんにちは、げるねこです。

今回は逆指値注文を解説します。

逆指値注文はFXにおいて、最も重要な注文方法です。
この注文方法をマスターすれば、損失を抑えて利益を増やすことができます。

逆指値注文とは

「価格が上昇し、指定した値段以上になれば買い」
「価格が下落し、指定した値段以下になれば売り」
になる注文方法です。

つまり、今より不利な価格で注文できる方法と言えます。

(例)現在のレートが1ドル100.00円の時
買い:1ドル100.00円以上
売り:1ドル100.00円以下
で注文価格を設定することができます。

今より不利な価格で注文できるので、エントリーから価格が逆行した場合に
注文が約定するため、自動的な損切りが可能になります。

また、順張り(価格が推移している方向へのエントリー)にも利用できます。

使うべきシチュエーション

エントリーの直後

成行注文と指値注文によってエントリーした直後、もしくは同時のタイミングで逆指値注文を行いましょう。

また、エントリーのタイミングは相場が安定しているときに限ります。
価格が急変動しており、スプレッドが拡大している最中にエントリーするとスプレッドや価格の影響で注文が取り消される恐れがあるからです。

逆指値注文はスプレッド幅以上に離れた価格でなければ設定することができません。
そのため、スプレッド幅が広がっていたり、価格の変動が激しいといつまでも注文を出すことができないので、ずるずると損失が増えることになります。

トレンドが発生しそうな時

トレンドとは、価格が一方的に上昇したり、下落を続けることです。
価格推移が予測しやすいので、価格が上昇することが予測できれば買いの逆指値注文を入れ、価格が下落するなら売りの逆指値注文を入れておけば、利益が得られます。

うっかり、価格が推移している方向と反対に注文をする事故を防ぐことができます。

逆指値注文のメリット・デメリット

メリット

 自動で損切りして、破産を回避できる

FXでは、エントリーした方向と反対に動くと損失になります。
もしも損失が発生している状態を放置し続けると、証拠金が不足してロスカットが起こります。
ロスカットによって取引が不可能になる状況を、私は「破産」と呼びます。

逆指値注文はロスカットになる前に増え続ける損失を自動的にストップし、破産を避けることができます。

決済すると損することが分かっている状況で、損を増やさないために決済すること
損失限定(ストップロス)と呼びます。

逆指値はストップロスを自動で行ってくれる注文です。

例えば、
1ドル100円の時に買い注文を行い、同時に1ドル95円の価格で逆指値注文を行います。

買った瞬間にレートは下がり続け、99円、98円……と損失は増えていきます。
ついに1ドル95円まで下がりました。
ここで、逆指値注文は約定します。

長時間相場を見ることができる環境なら成行で決済しても構わないのですが、
トイレに行っている間、家事や仕事をしている間は相場を確認できません。
だから、自動で損失をストップしてくれる逆指値が有効になるのです。

トレーリングストップで利益確定の最低額を増やすことができる

利益が順調に増えている状況で、推移しているレートに逆指値注文の価格を近づけていくことをトレーリングストップと呼びます。

この方法を使うと、利益の最低額を増やすことができます。

常に推移しているレートの5pipsになるように逆指値注文を設定していると仮定します。
最初の注文価格はエントリー時のレートから-5pips離れています。
逆行すれば損失は-5pipsです。

順調に利益が増えていき、10pipsの含み益が出たら逆指値注文を5pips近づけます。
すると逆指値注文の価格はエントリー時のレートに対して0pips離れています。
逆行しても損失は発生しなくなりました。

さらに追加で10pipsの含み益がでたので、注文を5pips近づけます。
この時点で逆指値注文の価格はエントリー時のレートに対して+5pips離れています。
逆行しても+5pipsの利益になります。

このように、トレーリングストップを行うと損失が抑えられる確率が上がり、
獲得できる利益の最低額を増やすことができるのです。

デメリット

 注文価格と現在のレートが近すぎると損失になる

損失を減らせるからと言って、エントリーした価格の近くに逆指値注文を設定していると
少しレートが動いただけでストップロスになります。
損切りしなくても良い状況で、何度も何度も損切りすると損失が増えます。
これを「損切り貧乏」と、世間では呼んでいます。

スキャルピングのように非常に小さな価格で勝負するような取引方法だと、
逆指値注文のせいで損失を拡大する恐れがあります。
だからと言って、逆指値注文をするなというわけではありません。

テクニカル分析を利用して、逆行しても価格が戻りそうなポイントの少し上もしくは下に逆指値を設定しておけば良いのです。

下手にトレーリングストップをすると利益が減る

トレーリングストップを上手に使えれば、利益を最大化することができますが、
弱点があります。

利益が出たから逆指値注文の設定価格を次々と現在のレートに近づけすぎると、
価格が少し逆行しただけで決済されるので、利益が少なくなる恐れがあります。

対策は、トレーリングストップの幅を少し広くとることです。

指値注文と違ってスリッページが発生する

逆指値注文は、一見指値注文と同じように見えるかもしれませんが、
やっていることは成行注文です。

指値注文はあらかじめ注文の予約を出しておき、売買の相手が見つかったら即約定するのでスリッページは発生しません。

逆指値注文は売買の予約を出していますが、約定まで成行注文と同じ流れをたどります。
提示されたレートが逆指値注文の価格に達してから注文を出されるので、約定までに提示されたレートが変動すればスリッページが発生します。

つまり、逆指値注文は成行注文による売買を予約しているだけです。

まとめ

・現在の価格よりも不利な価格で注文できる方法
・順張りに利用できるので、無茶なエントリーを避けることができる
・価格の逆行が起こっても自動でストップロスが行われるのでロスカットを防ぐことができる
・トレーリングストップを行うと、損失を減らして利益を増やすことができる
・推移しているレートに近づけすぎると、無駄な損失が増える
・スリッページが発生するので、過信しないこと

DMMFX
DMMFXの口座開設はこちら
GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする