値幅をpipsで表す理由と計算のコツ

こんにちは、げるねこです。

FXにはpips(ピップスもしくはピプス)と呼ばれる用語があります。

FX業者のスプレッドやスリッページがpipsで表現されているので、
一応覚えたほうが良い用語です。

初心者と自称上級者が誤解しやすいFX用語です。

特に初心者は「わけ分からん用語なんて使うな、円を使え、円を」と、
思っている人は絶対にいるはず。

ところが、円で全てを表現すると、ある問題が起こります。

今回はpips意味、数え方、pipsで表す理由、pipsで表すことで起こる問題を紹介します。

pipsの意味

pipsとは「percentage in points」の頭文字を取ったものです。
意味は「あるポイント(
流通している通貨の最小単位)の100分の1」です。

流通している通貨とは、日本円、米ドル、ユーロなど、市場で取引されている通貨のことを指します。

pipsの語源にはいくつか説があり、

・サイコロの目という意味の英語
・price interest point = 値動きの注目ポイント
・Percent In Price = 価格の100分の1
という説もあります。

私は「pipsはサイコロの目という意味」説を否定します。
確かにpipとは「サイコロの目」という意味の名詞(複数形でpips)ですが、意味不明です。
そもそも、サイコロの目と通貨の最小単位の関係性がいまいち分かりません。

今回は「percentage in points」説に沿って話をします。

pipsとは、流通している通貨の最小単位の100分の1

日本円、米ドルなど市場で取引されている通貨の最小単位をそれぞれ考えてみましょう。

日本円の場合、流通している最小単位は1円です。
1円の100分の1は、0.01円なので日本円の1pipsは0.01円(1銭)

米ドルの場合、流通している最小単位は1セントです。
100セント = 1ドルなので、1セント = 0.01ドル。
米ドルの1pipsは1セントの100の1 = 0.01セント = 0.0001ドル

1pipsは為替レートが変動する時の最小単位ではない

「1pipsは為替レートが変動する時の最小単位」
と、説明している人もいますが、間違えています。

仮に為替レートが変動する時の最小単位が1pipsなら、
配信しているレートの桁数が小数点2桁と3桁のFX会社によってpipsの値が変わることになります。

例えば、1ドル = 123.456円の時
FX会社Aでは「1ドル123.45」と、小数点第2位まで提示しており、
FX会社Bでは「1ドル123.456」と、小数点第3位まで提示していた場合、

「1pipsは為替レートが変動する時の最小単位」という、説明通りならば
A社の1pipsは「5」、B社の1pipsは「6」となります。
数字が違ううえに、桁数も違うので同じ1pipsでも、10倍の差があります。

自慢するだけなら良いのですが、FX会社によっては、ストリーミング注文、指値、逆指値注文をpipsで指定する会社もあります。
もしも、小数点以下の桁数が業者によって違うなら、指定した値を間違える恐れがあります。

さらに、A社では0.01円が1pips、B社では0.001円を1pipsと定めていた場合、
スプレッドが「1銭」で取引可能なことを表現する時に、
A社は1pips、B社は10pipsと表現しなければなりません。

同じスプレッドでもスプレッド1pipsのA社とスプレッド10pipsのB社では、
多くの人がスプレッドが少なく見えるA社でトレードをしようと考えるはずです。

したがって、1pipsは為替レートが変動する時の最小単位ではなく、
流通している通貨そのものの最小単位の100分の1と考えましょう。

さて、1pipsは通貨の最小単位の100分の1と説明しましたが、
その都度「~という通貨の最小単位は~で、これの100分の1は~」などと考えるのは
面倒臭すぎます。

しかし、実際はそんなことは考えなくても結構です。
なので、通貨ペアを見た瞬間に1pipsがいくらか分かる方法を教えます。

円を利用する通貨ペアの1pipsは小数点第2位

米ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)、ポンド/円(GBP/JPY)など、
円(JPY)を利用する通貨ペアの1pipsは小数点第2位(0.01)を基準に数えます。

「通貨ペアの右側に円(JPY)と書いていれば、1pipsは小数点第2位」
とだけ、覚えておけばOKです。

(例) 米ドル/円の通貨ペア
1ドル100.000円で買いエントリー後、1ドル100.123円で決済した場合
獲得したpipsはプラス12.3pipsです。

FX会社によって配信レートを小数点第3位まで表示していることがあります。
その場合でも小数点第2位が1pipsの基準になるため、
0.001円 = 0.1pipsとなります。(為替レートの最小値が1pipsではありません)

円を利用する通貨ペアの「pips」と「銭」は一致しています。
つまり、1pips = 1銭という考え方もできます。

・「円(JPY)」が右についている通貨ペアのpipsは、小数点第2位(0.01刻み)が基準
・1pips = 0.01円 = 1銭

円を利用しない通貨ペアの1pipsは小数点第4位

ユーロ/米ドル(EUR/USD)、ポンド/米ドル(GBP/USD)、ユーロ/ポンド(EUR/GBP)など、
円を利用しない通貨ペアの場合、1pipsは小数点第4位(0.0001)を基準に数えます。

(例) ユーロ/米ドルの通貨ペア
1ユーロ1.0000ドルで買いエントリー後、1ユーロ1.01234円で決済した場合
獲得したpipsはプラス123.4pipsです。

小数点第5位まで提示しているFX会社の場合でも、小数点第4位を基準に数えるため
0.00001 = 0.1pipsとなります。

・「円(JPY)」を利用しない通貨ペアのpipsは、小数点第4位(0.0001刻み)が基準

なぜ価格をpipsで表すのか?

理由は3つあります。

1.トレードが適切に行われているか判断できる

目標の利益を得るためには、取引量と獲得pipsが適切に設定されている必要があります。
利益 = 取引量 × エントリー時の価格と決済時の値幅(pips)

仮に1万円の利益を手に入れるためには、
米ドル/円の通貨ペアで1ドル100.00円の時に1万ドルと10万ドルでエントリーした場合に必要なpipsは以下の通りです。

1万ドルの場合 : 100pips(1円の変動)
10万ドルの場合 : 10pips(0.1円の変動)

100pips獲得する難易度と、10pips獲得する難易度はどちらが高いでしょうか。
明らかに100pipsの方が難しく、時間とリスクがより多くかかります。
なぜなら、為替レートが1円分変動するよりも0.1円分変動するほうが
10倍起こりやすいからです。

極端に言えば、
「1万ドルの取引量で1億円まで増やすためには、100,000pips(1,000円)以上の価格変動が必要なので、取引量を増やそう」と、判断することができます。

クロス円の通貨ペアではpipsで表現する恩恵はほぼありません。

2.通貨ペアやレートに影響されない利益を評価できる

円を利用する通貨ペアなら、pipsを使わなくても簡単に判断できますが、
円を利用しない通貨ペアだとpipsを使わないと評価が変わります。

例えば、
ユーロ/米ドルの通貨ペアを使って10万ドルの通貨量で100pips(0.01)獲得し、
1万ドルの利益を手に入れたと仮定します。

1万ドルを円に換える時もトレードと同じく、米ドルのレートに依存します。

1ドル100.00円の時に1万ドルの利益なら、1万×100円 = 100万円
1ドル50.00円の時に1万ドルの利益なら、1万×50円 = 50万円
その差は、50万円。

では、100万円を獲得したトレードを高く評価しますか?

どちらの場合も、ユーロ/米ドルの段階では取引量も獲得pipsも同じなので、
本来同じ評価をしなければなりません。

どの通貨ペアであれ、
5pips獲得したトレードと、200pips獲得したトレードでは、
後者の方が優れていると言えます。
なぜなら、同じ方法でトレードすることができれば、
取引量を増やすだけで利益も増えるからです。

したがって、
pipsで利益を表せば、通貨ペアとレートに依存しない評価ができます。

3.実際の利益をごまかすことができる

1、2で説明したとおり、pipsを使うと通貨ペア、為替レート、取引量を言わずとも利益を表現できます。

FXの商材やFXのトレードを公開しているブログでは、
「~を使って月間2000pips獲得!」「今日は50pipsゲット!」
などと、利益をpipsで表現して自慢したり、販促してきます。

仮にFX商材の謳い文句が「月間100万円の利益獲得」だとすると、
資金が5万円しかない人が月間で100万円の利益を出すには、無謀なトレードをやる必要があるので、詐欺商材と疑われます。

逆に資金が10億円ある人が月間で100万円の利益を出しても、総資金の1000分の1円なので、
ほぼ価値の無い商材だと判断されます。

人によって取引する通貨ペアや取引量が違うため、
pipsで統一すれば優れたトレード手法だと見せつけることができるからpipsで表現します。

pipsは便利な表現ですが、通貨ペア、為替レート、取引量、トレードの時間を一切言わなくても良いので、ウソをつかれるかもしれません。

FX商材の販促では、利益が出せた時の細かな情報を隠すことができます。
また、取引のシステムを過剰に最適化してpipsをごまかして表現しているかもしれません。
過去のデータを過剰に最適化すると、実際の相場の値動きに対応できなっている恐れがあります。

「こうすれば~pipsは確実に稼げる」とか書いている人の話は半分だけ信じて、半分疑ったほうが良いかもしれませんよ。

まとめ

・pipsは流通している通貨の最小単位の100分の1を表す
・日本円を利用する通貨ペアの1pipsは小数点第2位(0.01)を基準に数える
・日本円以外の通貨ペアの1pipsは小数点第4位(0.0001)を基準に数える
・あらゆる通貨ペアの取引量とレートの影響を受けないトレードの成績や評価が分かる
・日本円だけで表現すると誤解が生じる
・pipsによる表記は、細かな情報を隠すことができる

DMMFX
DMMFXの口座開設はこちら
GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする